男女雇用機会均等法・セクハラ対策




男女雇用機会均等法とは



 男女雇用機会均等法(雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律)は、労働者が性別で差別されることなく、女性労働者にあっては母性を尊重されつつ充実した職業生活を営むことができるよう、雇用の分野におけるあらゆる段階での男女の均等な機会と待遇の確保を求めている法律です。


男女雇用機会均等法の構成
第1章  総則(第1条〜第4条)
第2章  雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等
 第1節 性別を理由とする差別の禁止等(第5条〜第10条)
 第2節 事業主の講ずべき措置(第11条〜第13条)
 第3節 事業主に対する国の援助(第14条)
第3章  紛争の解決
 第1節 紛争解決の援助(第15条〜第17条)
 第2節 調停(第18条〜第27条)
第4章 雑則
第5章 罰則


◆就業規則・三六協定整備等の対応エリアは以下のとおりです
 大阪府  大阪市、堺市、東大阪市をはじめとする全域
 奈良県  奈良市、生駒市、香芝市、大和郡山市、王寺町、三郷町
 兵庫県  尼崎市、西宮市、芦屋市、伊丹市、川西市、宝塚市、神戸市
 京都府  京都市、京田辺市、精華町、木津川市